androidやiOSのアプリ開発現場

スマートフォンやタブレット端末の広まりによってアプリ開発業界は人気が大きく高まっている。スマートフォンの主流なOSとしてandroidとiOSとがあり、その両者において多様なアプリ開発が行われている。その業界の特徴としてパソコンのソフトウェア開発を担ってきた人材に開発に携わってもらうよりはむしろ新規にプログラマの人材を雇用するケースが多い。これはインターフェースがパソコンとスマートフォンとでは大きく異なることから、同じ考え方でプログラム開発を行うと使いづらい仕様のものができてしまうことがあるためである。同様にしてその画面がパソコンに比べて極めて小さいことから、それを効果的に利用するためのデザインが重要となる。そのため、その画面を最大限に活用するレイアウト等を考えるデザイナーも同じプロジェクトチームの中に準備されるのが一般的となっている。

一方、androidとiOSとを別個に開発しなければならないことから、同じプロジェクト内においてプログラマがそれぞれのOSに向けて配置されることもある。両方のOSに対応できるプラットフォームも存在しているものの、それぞれのOSにおける特性を生かすことができなくなってしまう。そのため、片方のOSに特化して開発を行うか、個々のOSに対応するように同様の仕様書に基づいて別個にプログラマをおいて開発が進められるという形がとられる傾向が強いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です