android開発の人材不足への対抗策

急拡大するスマートフォン市場の一方で、開発に関わる技術者は不足しがちである。技術者の育成には時間がかかるため、簡単に人材を調達するというわけにはいかない。人材不足が続くと、その開発現場では一人当たりの技術者への負担が大きくなる。結果として、開発が厳しくなり、忙しいスケジュールで仕事をこなさなければならない。こうした忙しさを解消するためには、人材の確保が急務である。

解決のための方法としては、他の情報技術開発の分野から人材の調達を行うという手段がある。情報技術分野はその仕事の内容が幅広く、androidのアプリ開発以外にも多様な開発の仕事が存在している。そこで、情報技術開発の業界の中で、人材に比較的余裕がある分野の中から、androidのアプリ開発へと従事することができる適正を持ったような、開発エンジニアを調達できるかが重要である。

しかし、アプリ開発の仕事にすぐに順応できるわけではない。同じ情報技術開発の分野であるとはいえ、共通するスキルのほかに、スマートフォン開発特有のスキルが求められる部分も多い。不足しがちな人材の確保のためには、他業種からの移籍が行いやすいように、効率的なスキル補填のための教材や研修方法の開発を行う事が有効である。

短期間で開発の現場に投入することができるような、人材育成に効果的な教育技術を磨くことにより、開発現場での人材不足の解消に確かな効果が出てくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です